FC2ブログ

archive: 2013年11月  1/3

スポンサーサイト

No image

労災?持病?~仕事中の交通事故

No image

お客様から「社員が運転中に事故を起こし、救急車で運ばれた」との連絡。改めて事務所独自の「労災報告書」をFAXしてもらうことにし、死傷病報告書、労災5号用紙(療養給付)、第三者行為(←相手がいれば本人が加害者であっても必要です)の書類を揃え待っていると…数時間後、再度連絡が。「体を打って救急車で運ばれたが、脳内出血を起こしていてそのまま入院し、頭の治療をしている。そもそも事故の原因はそのせいかもしれない...

雇用保険からおりる傷病手当

No image

雇用保険に「傷病手当」があるのをご存じですか?失業中にもらえる給付金であり、健康保険・労災保険から傷病手当金や休業補償を受けられると支給されない為、私たち社労士もついその存在を忘れてしまう給付金です。こんな電話がありました。「会社の社員が癌になった。来月は入院し、以後抗癌治療もあるので退職したいと言ってきた。ウチは健康保険に入っていないが(もちろん違法です。)、雇用保険には加入している。何かもらえ...

どんな社労士事務所を選ぶべきか、どんな社労士事務所になるべきか

No image

こんばんは。今日は自主研(社労士会公認の自主研究グループ)に参加し~11時近くに帰宅しました。ええ、当然ちょっと←コレも・・・たくさん得たものがあり、自己再確認をしながら皆様にもお伝え…したいのですが~今日はもう疲れたのでやめておきます(無理はしない、これ大事!)自主研に参加し、いろいろな意見を聞いてつくづく思うのですが…私たち社会保険労務士が専門とする人事労務管理指導には、法律で一元的に管理される部...

定年制度の現状から考えること

No image

平成25年11月21日、厚生労働省は「平成25年就労条件総合調査」の結果を発表しました。それによると定年制を定めている企業割合は93.3%興味深いのは、定年年齢を60歳にするのか65歳にするのか、についての差です。業種別に差が出るのはわかりますが、企業規模別で見ると【60歳定年】1000人以上→92.7% 、30~99人→80.3%【65歳定年】1000人以上→ 4.8% 、30~99人→14.7%と、なっています。国は、65歳までの雇用継続義務を高齢者...

城東統括支部必須研修会に出席してきました。

No image

今日の午後は東京都社会保険労務士会城東統括支部 の必須研修会でした。今回のテーマは①団体交渉における社労士の役割②障害者雇用促進法の改正と現状についての二つでした。①は「団体交渉の手法」というものではなく、どう社労士がかかわるべきなのか、法的考察と倫理に基づき東京会 小前副会長より貴重なお話を頂きました。②は東京労働局職業安定部職業対策課坂田課長補佐より、今後の法改正を含め、とても丁寧なご説明を頂きまし...

後継者を決めておくのは社長の責任です

No image

あなたの会社には、後継者はいますか?もし突然、社長が交通事故で亡くなったら、会社はどうなりますか?うまく他社へ譲渡できたり、会社や家族の中から自分がやりたいと手を挙げてくれる人が出てくればいいでしょう。それにしてもまずは、社長の財産を相続する奥様などご遺族が、代表に就任するのが一般的かもしれません。その間にも取引先では「あの会社は無くなるんじゃないか?」との噂が広まり、仕入れに対する保証金をもっと...

パソコン買っちゃいました♪

ついに買ってしまった!newパソコン♪23インチモニターのWINDOWS 8.1core i7 でテレビも見れちゃうという身に余るハイスペック!WINDOWS8に悪戦苦闘・・・それにしても技術の進歩に驚きます。明るいモニターに目を細めつつ~これから末永く仲良くできたらいいなーと新たなパートナーと出会い暮らし始めた・・・そう、新婚気分?で向き合ってます(笑)クラウドをはじめ、う~ん、やってみたいこといっぱい!夢いっぱい!!(^O^)/隣に...

労務リスクを減らそう!

No image

「労務リスク」とは会社が抱える顕在的・潜在的な労務管理上のリスクのことです。例えば■法令に即した手続きが行われているか・雇用契約書、労働条件通知書・就業規則、労使協定・労働者名簿、賃金台帳、出勤簿の法定三帳簿・労働&社会保険の加入状況・安全衛生管理体制 など■法令手続きが適正だとしても潜在的なリスクがないか・就業規則上と残業単価は合致しているか (未払い残業代は発生していないか)・管理監督者は要件を...

改正労働契約法は誰の為?

No image

11月20日付の東京新聞に「改正労働契約法」について「有期労働者の待遇改善策 周知不足」という記事が載りました。有期雇用の安定化を図る改正労働契約法の施行から半年以上経ち、有期労働者を対象にした連合の調査で、通算して5年を超えると期限の定めのない(無期)契約に転換できることや、有期を理由にした不合理な労働条件の禁止について、6割以上が知らなかった、というもの。周知不足についての指摘は共感できるものの、記...

ダーツやってます

昨夜は久しぶりに夜遊び♪誕生月のサービスデーのため平井のarrow's campという行き着けのダーツバーへ行ってきましたみんな楽しそうデス(笑)また一つ歳をとってしまった……ラッキー♪ここまでくると、あんなに嫌だった「歳をとる」ということも楽しくなってきたのが不思議です。目標は、素敵なおばあちゃん熟練社労士!「あら~あなた~そんなのダメよ~」そんな言葉一つに重みが出たら最高です(笑)アローズキャンプの最高面白い店長...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。