FC2ブログ

archive: 2014年07月  1/2

スポンサーサイト

No image

人事戦略無くして企業の発展はない

No image

大手牛丼チェーンのすき屋。労働問題に対して第三者委員会を設置し、今日その報告書が発表されました。過酷な労働の実態が明らかになったわけですが、その大きな原因は人手不足。それなのにチェーン店を増やしていたそうです。「社内の常識が、社会の非常識」だったわけです。人件費を非正規労働などで抑えることだけ重視し、事業戦略だけで売上を伸ばそうとする時代は完全に終わりました。勿論、顧客へのサービスは重要ですが、そ...

物忘れ、ド忘れ、うっかりミス…

No image

物忘れ、ど忘れ、うっかりミス…「歳をとったなぁ」と思いつつ、「きっと将来もっとそう思う事が増えていくんだろうなぁ」と思う今日この頃・・・。「毎月やっている仕事の手順を、今月は飛ばしてしまった」「あれだけ勉強・確認した事項、結局何だったっけ?」「あんなによく歌ったカラオケの曲、久しぶりに歌ったら全く出てこない」(笑)それなのに、小学校で描いた絵や、幼稚園の入園テスト…、30年以上も前のひょんな事を覚えて...

お盆休みは休日?休暇?

No image

お盆休みを間近に控え、予定を立てている方も多いと思います。さて、皆さんの会社の夏休み、「休日」でしょうか?「休暇」でしょうか?休日、休暇…同じ「休みの日」でも意味が異なります。休日は「そもそも労働する必要がない日」休暇は「労働日だけど労働を免除する日」となります。夏休みを休日とするか、休暇とするかは、会社にとって労務管理戦略の一つとなります。例えば、日頃休日が少ない会社では、年間変形労働時間制度で...

日給者から、1ヶ月に30日の有休取得が申請されたら?

No image

社員の中には、退職の際に残っている有休休暇を全部消化して退職しようという人がいます。日給者で退職日30日前に、有休を30日分取得することは可能でしょうか?答えはNOです。有給休暇はあくまでも労働免除日であり、本来の労働日でない日(例えばもともと土日が所定休日の場合は土日)には使用できません。もし、平日を全部有休消化し、さらに土日分まで有休とするならば、その日の分は禁止されている「有休買い上げ」ととられて...

雇用保険基本手当日額が引き下げられます

No image

8月1日より、雇用保険の基本手当日額が引き下げられます。(1)基本手当日額の最低額の引下げ    1,848 円 →  1,840円 (-8円) (2)基本手当日額の最高額の引下げ ○ 60歳以上65歳未満     6,723 円 →  6,709円 (-14円) ○ 45歳以上60歳未満     7,830 円 (※) →  7,805円 (-25円) ○ 30歳以上45歳未満     7,115 円 →  7,100円 (-15円) ○ 30歳未満     6,405 円 →  6,390円 ...

「短時間労働者の雇用管理の改善等」に関する答申

No image

平成26年7月17日、厚生労働省の労働政策審議会に対して諮問した「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案要綱」(以下「省令案要綱」)及び「事業主が講ずべき短時間労働者の雇用管理の改善等に関する措置等についての指針の一部を改正する告示案要綱」(以下「告示案要綱」)について、同審議会雇用均等分科会において審議が行われた結果、厚生労働大臣に対して、妥当と認めるとの答申が行わ...

統括支部「労働条件審査」連絡会議に参加

No image

今日は、東京都社会保険労務士会城東統括支部の労働条件審査連絡会議がありました。足立・荒川支部、葛飾支部、墨田支部、江戸川支部の皆様と、我が江東支部の5支部各4名程の担当者・関係者が集まり、進捗状況や問題点や課題などを情報交換しました。城東統括支部の中で、労働条件審査をまだ実施できていないのは、足立区と江東区のみです。しかし足立区の方は「最後になるくらいなら、東京都で一番のことをやろう」と、区と話が...

ブログのコメント欄、廃止します

No image

いつもお読み頂き有難うございます。本ブログにコメント記入欄を設けておりましたが、私もチェックするのを忘れてしまい、せっかくコメントを頂いても気が付くと日が経ってしまっていることもあり、申し訳ありませんでした。実は最近、このコメント欄を使い、明らかな悪質な勧誘やキャッチを行なおうとする方の書き込みが見受けられましたので、残念ですが、しばらくコメントの受付を中止させて頂きます。(既に削除済です。)私の...

顧問先退職社員からお叱りを受けた件

No image

先週、顧問先の退職社員からお叱りを受けました。事務所の一スタッフが、顧問先人事担当者から退職者の離職票の発行を依頼されたのですが、在職期間が3ヶ月弱だった為、形式上の発行だと思い込み、職安での発行手続を2週間程遅らせてしまいました。ちょうど職安へ行った日に、ご本人からお電話を頂き、「離職票の発行は10日以内ではないのか」と。ごもっとも。会社の担当者へその旨をお伝えしたところ、どうやら早く発行して欲し...

事務所内勉強会

No image

当、城東労務管理事務所では、月に一度、事務所内で勉強会の時間を設けています。以前も記事に書きましたが、JOTO Training Session=「JTS」と呼ばれているこの勉強会では、研修テーマや方法など毎月輪番制の担当者に委ねられます。今日はそのJTSの日。担当スタッフが題材にしたのは意外にも「決算書の見方」でした。確かに、他のスタッフの中には決算書を見たことが無い者もいて、決算書に対する知識は事務所内でもバラつきが...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。