FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21
2015

建設業単独有期事業の要件

建設業における単独有期事業の要件が今年の4月から変わっていたんですね
確かに…賃金算定の際、消費税抜きの元請金額に労務比率を掛けることになりましたもんね。
ココを疑い、押さえておくべきでした。はい。

(平成27年3月31日以前)
請負金額(税込)1億9千万円以上
↓↓↓
(平成27年4月1日以降)
請負金額(税抜)1億8千万円以上

尚、単独有期事業のメリット制の適用要件も変わっています。

(平成27年3月31日以前)
確定保険料額が40万円以上または、
請負金額(税込み)が1億2千万円以上
↓↓↓
(平成27年4月1日以降)
確定保険料額が40万円以上または、
請負金額(税抜き)が1億1千万円以上

尚、平成27年3月31日以前に保険関係が成立している事業については、改正前の要件が適用されます。

なかなかこの額を超える元請のお客様が少ないとはいえ(言い訳)…反省を込めて、今日のブログに記しておきます。


励みになりますのでクリックして頂けると嬉しいです。
 ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
.
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。