FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27
2016

年金強制徴収の対象が拡大されます

CATEGORY年金制度
厚生労働省と日本年金機構は、2017年度から国民年金保険料滞納者の強制徴収の対象を拡大する方針を決めたそうです。

現:年間所得350万円以上で未納月数7ヶ月以上
新:年間所得300万円以上で未納月数13ヶ月以上

保険料の納付率が60%程度に低迷していることを受け、納付率向上を図るため対応を強化することが目的です。
現在、約27万人が強制徴収の対象ですが、これで更に約9万人程が対象者に加わる見通しだそうです。

ところで、「え?年収300万円じゃ、保険料を納めるのはキツイでしょう?」と思うでしょうが、これは「年間所得」であり、「年間収入」ではありません。

では年間所得300万円とは、どのくらいの「収入」になると思いますか?

給与収入だけの場合、給与所得控除を割り戻すと、「収入」で4,428,000円以上となります。
諸事情がある方もいらっしゃるとは思いますが…年収440万円なら、「そりゃ払ってくださいよ」っていうところでしょうか(苦笑)

「年金なんかもらっても、ほんの僅かで食べていけない」と仰る方もいらっしゃいます。
でも、どうでしょう?
皆さんが無収入・無年金のお父様、お母様の面倒をみなければならなくなった事を想像して下さい。
例えば同居を考えた時、ご両親の生活費の援助はできても、お小遣いの援助までできますか?
例えば仕送りをするのにも、いくらまでならできますか?
月に1、2万円でもいいから、自分の収入があってくれれば助かるのになぁ、と思いませんか?
私達が歳をとったとき、どうしたって誰かに面倒をみてもらう立場になるのです。

来年(平成29年)10月から、年金受給資格期間が10年に短縮される見通しです。
もともと、消費税10%にあわせて短縮することになっていたものを、消費税増税が先送りされたためこちらも延期となっていましたが、26日に閣議決定され、国会に法案が提出されました。
「加入年数25年はもう間に合わない」と諦めていた方はチャンスです!
老後の為にも国民年金を納めましょう。

励みになりますのでクリックして頂けると嬉しいです。
 ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
.
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。