FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10
2017

人のたくましさ、とは…

CATEGORYprivate
ブログをお休みしていたこの半年ちょっと…
本当にいろいろな事がありました~

いろいろな出来事の中で、悟ったこと…。
「人間は強い。」
いや…自分の強さに驚いた、と言った感じでしょうか…

その「いろいろな出来事」第1位は、なんと言っても主人の重度脳梗塞。
2月、就寝中に発症し、4時間以上のカテーテル手術により一命を取り留めました。
本人の努力もあってリハビリも順調に進み、今は退院して週2回のリハビリを続けています。
(軽い左半身麻痺と、軽い高次脳機能障害が残っています。)

当初はモチロン「お先真っ暗」状態でしたが…今は不思議とこの状況を普通に受け止めています。

困難な状況になっても卑屈にならない主人。
この状況を受け止めている私。

結局ね、思うんです。
「人間の強さ」とは、柔軟性であり、適応力であり、その受け止め方次第なんじゃーないかと。
以前に「レジリエンス」の記事を書きましたが、「このレジリエンスこそ、生きる強さの秘訣なんだ!」と身を持って感じました。

いろいろな事に悩み、苦しみ、精神的にも参ってしまう方が多いこの世の中…
心を強く保とう、戦おう、無かったことにしよう、そうして固くなって戦おうとするから、心がポキッと折れてしまうのではないでしょうか。

泣きたい時は泣き、悩み、自分の運命を受け止め、その中で自分に何ができるのか、そして何ができない(助けを求めたり、手放す)のか、それを推し量りながら前へ進む。(前に進んでいるつもりは無くても、そうしている内に進んでいるものです。)
そして、あとは笑う!!←コレ大事!(笑)

それこそが、本当の「生きる強さ」なんだと思います。


そうそう、首都高速でハンドルを握るのなんて冗談じゃない!と思っていた私が
昨日は何と!一人運転で山梨から首都高を抜け、帰ってきました。
私もたくましくなりました~
今まで無理だと思っていたのは、主人がいるからこそ、の甘えだと言う事にも気が付きました。
勿論、主人が運転できれば、当然お願いしていたと思いますし、甘えること自体は悪いと思いません。
だって、私が運転するより安全性はずっと高いですから!
もし主人が運転できるのに、私にたった一人首都高を運転させるような状況になったら、きっと私は主人に文句を言っていたでしょう。
人生も一緒なのだと思います。
どうしても運転が嫌なら行かなきゃいい、電車で行けばいい、いろいろ選択肢があったワケです。でも、ハンドルを握る事を選んだ。
そして自分が今、ここに立っているのは誰のせいでもなく、自分が選んできた選択肢の結果。
失敗も悪い事も、長い人生の中の経験の一つ。
成功もラッキーな事も、長い人生の中の経験の一つ。
それが全てでは無いし、過ぎた事は人生の糧に過ぎない。

というワケで、益々たくましくなっていく私でした(笑)


励みになりますのでクリックして頂けると嬉しいです。
 ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
.

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。