FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10
2013

中小企業の社長さん、「企業理念」掲げてますか?

CATEGORY労務管理
「ブラック企業」という言葉も随分と定着しました。

労働関係法などに抵触し、長時間労働やサービス残業、パワハラなどの黙認、過酷な労働条件を意図的・恣意的に強いる…などの体質を持つ企業のことです。

初めて耳にしたときは正直、「反社会的企業」や「利益追求の為に消費者を無視する企業」のことかと思いました(笑)

「労働」に着目して「ブラック」と呼ぶのは働くことに対しての問題意識が高い人が増えたからでしょう。
今やブラック企業かどうか口コミで評価されているサイトも多数有ります。

そんなサイトで私が注目するのは「企業理念が伝わっているか」の項目です。
給与については投稿者の年齢、業界事情、どんな業種に就く社員が多いのか、など単に高い低いで企業の良し悪しを評価することはできません。

しかし「企業理念の浸透」は、社員に伝えようとする「姿勢」が見え、「会社が社員と同じ方を向き、育て、社員をないがしろにしていない証拠」に思えるからです。

「企業理念」は「組織自体の目的」と「行動規範」が表されたものです。
企業をとりまく環境が変わる中、不変の価値観として存在し、経営者のビジョンの礎になるものです。
これが明確になっていてはじめて社員は「何の為に何をすべきか」を考えるのです。

「売上あげろ」では目的も行動規範も明らかではありません。
会社は社会に対しどんな存在意義があるのか
会社は社員をどう考えているのか
会社と社員は一体となりどう行動すべきなのか

社長に表明されたら、つい「よし!一緒に頑張ろう!」と熱くなってしまいそうなのは、私だけでしょうか?

今まで掲げていなかった中小企業の社長にも、心の中には「こうありたい」という熱い思いがあるはずです。
自分の考えをブレさせない為にも、まずは「方針の表明」として社員に伝えてみては如何ですか?
社員に会社の一員であることを自覚させ、働く事に意味を持たせましょう!


励みになりますのでクリックして頂けると嬉しいです。
 ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
.
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。